2級FP 2015年9月 問題47

問題 47
不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 住宅または土地の取得に係る不動産取得税の標準税率は、特例により3%とされている。

    [解答解説] ○

  2. 所定の要件を満たす新築住宅を取得した場合、不動産取得税の課税標準の算定については、一戸につき最高で1,500万円が価格から控除される。

    [解答解説] ×
    1200万円か,長期優良住宅でも1300万円控除である。

  3. 相続による所有権移転登記に係る登録免許税の税率は、課税標準に対して1,000分の4である。

    [解答解説] ○

  4. 不動産に抵当権を設定する際の登録免許税の課税標準は、債権金額となる。

    [解答解説] ○

[解答] 2
[補足]
<不動産取得税(都道府県税)>
[概要(原則)]
・税率 4%
相続による不動産所得は課税されない。
[特例]
・住宅と住宅用地は,税率3%
・宅地の課税標準額は,固定資産税評価額の2分の1
・住宅の取得においては,課税標準額から1200万円控除
※長期優良住宅は1300万円控除
・住宅用地の取得においては,45000円か<1㎡あたりの評価額×2分の1×住宅の床面積の2倍(200㎡上限)×3%>の多い方を税額から控除。
<登録免許税(国税)>
[概要(原則)]
・所有権保存登記 0.4%
・所有権移転登記 2.0%
・抵当権設定登記 0.4%
相続による登記でも課税される。
・相続による所有権移転登記 0.4%
[特例]
・所有権保存登記 0.15%
・所有権移転登記 0.3%
・抵当権設定登記 0.1%

解答解説