2級FP 2015年9月 問題50

問題 50
不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 不動産投資の際に行うデュー・デリジェンスとは、一般に、投資対象の経済的・法律的・物理的側 面等に関する詳細かつ多面的な調査をいう。

    [解答解説] ○
    デュー・デリジェンスとは,M&A(企業買収)を行う際に,その対象企業の価値を判断するために精査することをいう。不動産投資にも使用され,多角的な分析で購入する価値があるかどうかを判断する。

  2. 借入金併用型投資では、レバレッジ効果が働き、対象不動産の収益率が借入金の金利を上回ってい る場合には、投下した自己資金に対する収益率の向上が期待できる。

    [解答解説] ○
    少ない借入金で大きな収益を得ることをレバレッジ効果という。収益率が借入金の金利を上回る必要がある。

  3. IRR法(内部収益率法)による投資判断においては、内部収益率が対象不動産に対する投資家の 期待収益率を上回っている場合、その投資は有利であると判定することができる。

    [解答解説] ○
    内部収益率は,ある不動産に対する,算出された収益率のことです。言葉による説明だけではわかりにくいですが,この算出された収益率が最低限の収益率(期待収益率)を超えていれば,有利と判断される。

  4. NPV法(正味現在価値法)による投資判断においては、投資額の現在価値の合計額が投資不動産 から得られる収益の現在価値の合計額を上回っている場合、その投資は有利であると判定すること ができる。

    [解答解説] ×
    投資額の現在価額の合計額が,収益の現在価額の合計額を上回るということは,投資額が大きいということなので,不利である

[解答] 4
[補足]

解答解説