2級FP 2015年9月 問題51

問題 51
平成27年8月に夫から下記の財産を受けた妻が贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、平成27年分の贈与税の課税価格から控除することができる金額(基礎控除額と配偶者控除額との合計額)として、最も適切なものはどれか。なお、妻は、平成27年中に下記以外の贈与は受けていないものとし、 納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。
WS000196

  1. 1,900万円

    [解答解説] ×

  2. 2,000万円

    [解答解説] ×

  3. 2,010万円

    [解答解説] ○

  4. 2,110万円

    [解答解説] ×

  5. [解答] 3
    [補足]
    贈与税の配偶者控除は,
    基礎控除額110万円に加えて,2,000万円まで非課税となる。要件は,婚姻期間が20年以上で申告をすること。また,国内の居住用不動産かそれを取得するための金銭の贈与が対象となる。
    よって,1900万円に110万円を加えた2010万円が控除額となる。

    解答解説