2級FP 2015年9月 問題54

問題 54
民法に規定する相続分に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 相続人が被相続人の配偶者、長男および長女の合計3人である場合、配偶者、長男および長女の法定相続分はそれぞれ3分の1である。

    [解答解説] ×
    設問の場合,配偶者が2分の1で,長男および長女が残りの2分の1を均等に分けることになるため,4分の1ずつである。

  2. 相続人が被相続人の実子と普通養子縁組に基づく養子の合計2人である場合、実子の法定相続分は3分の2、養子の法定相続分は3分の1である。

    [解答解説] ×
    実子と養子で,法定相続分による違いはない。よって,2分の1ずつとなる。

  3. 相続人が被相続人の配偶者と兄の合計2人である場合、配偶者の法定相続分は3分の2、兄の法定相続分は3分の1である。

    [解答解説] ×
    設問の場合,配偶者が4分の3,兄が4分の1となる。

  4. 相続人が被相続人の長男と孫(相続開始時においてすでに死亡している長女の代襲相続人)の合計2人である場合、長男と孫の法定相続分はそれぞれ2分の1である。

    [解答解説] ○
    正しい。長男と長女が2分の1ずつ相続できるはずだったが,長女が亡くなっているため,長女の分は孫が相続する

[解答] 4
[補足]

解答解説