2級FP 2015年9月 問題56

問題 56
被相続人の死亡により相続人が受け取る生命保険金および退職手当金の相続税の取扱いに関する次の 記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 生命保険金の非課税限度額は、「500万円×法定相続人の数」の算式によって計算される。

    [解答解説] ○
    生命保険金の非課税限度額は,「500万円×法定相続人の数」で正しい。

  2. 退職手当金の非課税限度額は、被相続人に係る賞与以外の普通給与の3年分相当額である。

    [解答解説] ×
    生命保険金の非課税限度額と同じく,「500万円×法定相続人の数」である。「普通給与の3年分」がポイントとなるのは,勤務先から受け取った弔慰金や花輪代で,業務上の死亡の場合である。

  3. 生命保険金の非課税限度額を算出する場合の計算の基礎となる「法定相続人の数」は、相続人の中 に相続の放棄をした者がいても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数をいう。

    [解答解説] ○
    正しい。放棄はなかったものとして数える。

  4. 相続の放棄をした者が受け取った生命保険金については、生命保険金の非課税金額の規定の適用がない。

    [解答解説] ○
    正しい。生命保険金(死亡保険金)は相続を放棄していても受け取ることができるが,非課税限度額を利用することはできない

[解答] 1
[補足]

解答解説