2級FP 2016年1月 問題2

問題 2
ライフプランニングにおける一般的なアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 住宅ローンを利用する場合には、金利水準や収支見通しなどについて十分な検討が必要であり、長期的なキャッシュフロー表を作成することが望ましい。

    [解答解説] ◯
    適切。住宅ローンは一般的に長期間の借り入れをするため、住宅ローン返済中のライフイベントを洗い出し、その予算や経済推移などをもとに長期的なキャッシュフロー表を作成することで、借入による負担時期を把握することができる。

  2. 住宅ローンの返済と教育資金の負担が重なり支出が増大する場合には、生命保険の見直しや奨学金・教育ローンの活用など多岐にわたって収支を検討することが望ましい。

    [解答解説] ◯
    住宅ローンの借入や教育費の支出は、新たな支出による負担を伴うため、無理のない支出負担にするためには、住宅ローンや教育費の削減を検討する一方で、そのほかの支出の見直しをすることが大切である。

  3. 給与所得者の定年退職後の生活設計では、受給できる年金や退職金の額などを把握することが望ましい。

    [解答解説] ◯
    退職前の給与額と、定年退職後の年金や退職金の額との差額により、生活水準の違いが出る可能性があるため、収入面を把握する必要がある。

  4. 60歳代以降の人がゆとりのある老後生活を考えている場合には、一般的には勤労所得等収入を増やすことは容易ではないため、リスクが高くても積極的な資産運用で生活資金を確保することが望ましい。

    [解答解説] ×
    リスクの高い資産運用により生活資金が減少する可能性が高いため、安全性の高い運用を心がける必要がある。一般的に、年齢が若い人ほど、リスクを高くとることができる。

[解答] 4
[補足]

解答解説