2級FP 2016年1月 問題4

問題 4
国民年金の被保険者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 日本国籍を有し、日本国内に住所を有しないAさん(45歳)は、国民年金の第2号被保険者または第3号被保険者に該当しない限り、国民年金の第1号被保険者として国民年金の保険料を納付しなければならない。

    [解答解説] ×
    日本国内に住所がなく、国籍が日本で、20歳以上65歳未満の人は任意加入被保険者となる。つまり、加入は「任意」である。

  2. 国民年金の第2号被保険者であった夫が死亡したために遺族基礎年金の受給権者となったBさん(55歳)は、当該遺族基礎年金の受給権が消滅するまでの間、国民年金の第1号被保険者に該当することはない。

    [解答解説] ×
    第2号被保険者の被扶養配偶者(第3号被保険者)か、Bさん自身が会社員となり第2号被保険者にならなければ、第1号被保険者となる。

  3. 国民年金の第1号被保険者である夫に扶養されているCさん(35歳)は、国民年金の第3号被保険者に該当する。

    [解答解説] ×
    国民年金の第1号被保険者には被扶養者という仕組みがないため、Cさんも第1号被保険者となり、保険料を納める必要がある。

  4. 国民年金の第2号被保険者である父に扶養されている大学生のDさん(20歳)は、Dさん本人の所得金額が一定額以下であれば、父の所得金額の多寡にかかわらず、学生納付特例制度の対象者となることができる。

    [解答解説] ◯
    学生であっても20歳になれば国民年金の第1号被保険者となるが、所得金額が一定額以下であれば学生納付特例制度の対象となる。この場合、家族の所得金額は問われない。なお、追納期限は10年で、追納しないと年金額に反映されない。

[解答] 4
[補足]

解答解説