2級FP 2016年1月 問題5

問題 5
厚生年金保険の老齢給付に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

  • 特別支給の老齢厚生年金が支給されるためには、厚生年金保険の被保険者期間が( ア )以上あることなどの要件を満たす必要がある。

    [解答解説](ア)1年
    特別支給の老齢厚生年金は1年以上、本来の老齢厚生年金(65歳以降)は1ヵ月以上の加入期間が要件となる。

  • 加給年金額の加算を受けるためには、老齢厚生年金の受給権者本人の厚生年金保険の被保険者期間が原則として( イ )以上あることなどの要件を満たす必要がある。

    [解答解説](イ)20年
    20年以上の加入期間が必要となる。なお、加給年金を受給するためには、18歳未満の子(正確には18歳経過後、最初の年度末前の子)か65歳未満の配偶者がいる場合に、受給者の老齢厚生年金に加算され、扶養手当の役割がある。なお、特別支給の老齢厚生年金のみの時期には支給されない。

  • 老齢厚生年金の繰下げ支給の増額率は、65歳以降繰り下げた月数(最大60ヵ月)に( ウ )を乗じて得た率となる。

    [解答解説](ウ)0.7%
    繰下げは、支給開始年齢を遅らせることで、1ヵ月につき0.7%分増額される。なお、繰上げ支給の場合は、0.5%の減額率となる。

[解答] 3
[補足]

解答解説