2級FP 2016年1月 問題13

問題 13
終身保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 一時払終身保険は、契約後の解約時期にかかわらず解約返戻金が払込保険料を下回ることはない。

    [解答解説] ×
    一時払終身保険も定額払いの終身保険における保険料支払日までに解約すると払込保険料を下回ることがある。ただ、定額払いの終身保険に比べて、下回る額は小さい。

  2. 無選択型終身保険は、被保険者の健康状態を診査する費用がかからないため、他の条件が同一であれば、告知や診査を必要とする終身保険に比べて割安な保険料が設定されている。

    [解答解説] ×
    無選択型終身保険は、医師の診査が不要な分、保険会社が負うリスクが高まるため、保険料は高くなる。

  3. 利率変動型積立終身保険(アカウント型保険)は、主契約の適用利率が契約後一定期間ごとに見直されるが、最低保証利率が設定されている。

    [解答解説] ◯
    利率変動型積立終身保険(アカウント型保険)は、適用利率が毎月や毎年、3年毎など、商品によって異なるが見直される。そのため、利率が上昇している局面でもそれに合わせた運用をすることができる。また、適用利率には最低保証がある。

  4. 低解約返戻金型終身保険は、解約返戻金の金額を低く設定する期間について、契約者が任意に指定できる。

    [解答解説] ×
    低解約返戻金型終身保険は、保険料支払い満了時まで解約返戻金の金額が低く、支払いを終えたあとは、普通の終身保険と同じく、支払保険料を上回るのが一般的である。よって、契約者の任意で指定することはできない。

[解答] 3
[補足]

解答解説