2級FP 2016年1月 問題21

問題 21
わが国のマーケットの一般的な変動要因に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 景気の拡張は、国内株価の上昇要因となる。

    [解答解説] ◯
    好景気になると、株価が上昇する。

  2. 景気の後退は、国内物価の下落要因となる。

    [解答解説] ◯
    不景気になると、物価は下落する。

  3. 市中の通貨量の増加は、国内短期金利の上昇要因となる。

    [解答解説] ×
    市中の通貨量が増加すると、(通貨がほしい人に十分行きわたり、通貨が余るため)通貨の価値が落ちる。通貨が余っている状態では、金利を下げないと通貨を手に入れようとする人がいなくなるため、金利は下落する。よって、市中の通貨量の増加は、国内短期金利の下落要因となる。野菜に例えると、不作の年は野菜の流通量が減るため値段が上がり、逆に取り過ぎると流通量が増えるため値段が下がる。

  4. 円高ドル安の進行は、国内物価の下落要因となる。

    [解答解説] ◯
    円高ドル安は、例えば、1ドル100円が1ドル90円になることである。今まで1ドルの商品を100円で買っていたが、90円で買えるようになるため、国内の物価が下がる。原材料費が下がれば、物を安く作り、安く売ることができると考えても良い。

[解答] 3
[補足]

解答解説