2級FP 2016年1月 問題24

問題 24
ETF(上場投資信託)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ETFは、上場株式と同様に、売買の注文を委託する証券会社に対して指値注文・成行注文をすることができる。

    [解答解説] ◯
    投資信託とあるが、投資信託と異なり、上場しているため、株式と同じように指値注文・成行注文をすることができる。また、信用取引も可能である。

  2. 国内で設定されたETFには、金や原油など商品指数に連動するものもある。

    [解答解説] ◯
    日経平均やTOPIXなどの株価指数に連動したものや、金や原油などの商品価格に連動するものもある。

  3. 日経平均レバレッジ・インデックスに連動するETFは、日経平均株価の変動率の2倍の値動きになる指数に連動するように運用されている。

    [解答解説] ◯
    適切。日経平均レバレッジ・インデックスは日経平均株価の変動率の2倍の値動きになる指数である。レバレッジ型(ブル型)の上場投資信託である。

  4. TOPIXインバース指数に連動するETFは、信用取引の売建てと同様の性格を有しているため、取引に際しては信用取引口座を開設する必要がある。

    [解答解説] ×
    インバース型はベア型の上場投資信託で、インデックスの負の倍数の値動きになる指数である。インデックスが下落局面で大きな利益を得ることを目的としている。取引に際してはETFを取り扱う口座(証券口座やETF専用口座)を利用する。信用取引の場合、信用取引用の口座を開設し、証拠金が必要となるが、ETFはそれらが不要となる。

[解答] 4
[補足]

解答解説