2級FP 2016年1月 問題26

問題 26
外貨建て金融商品の取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 顧客が円貨を外貨に換えて外貨預金に預け入れる際に適用される為替レートは、預入金融機関が提示するTTB(対顧客電信買相場)である。

    [解答解説] ×
    TTBは、金融機関が外貨を買うためのレートである。よって、顧客が外貨から円貨に換える際に適用されるレートとなる。TTBではなくTTSが正しい。

  2. 外貨建てMMFを買付後30日未満で換金した場合、換金の請求をした日の基準価額から所定の信託財産留保額が差し引かれる。

    [解答解説] ×
    外貨建てMMFは、いつでもペナルティなしで解約できる。

  3. 国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、国内株式と同様に、売買の約定日から起算して4営業日目となる。

    [解答解説] ◯
    適切。

  4. 外貨建て保険は、円換算支払特約を付加することにより、当該保険契約の締結後から保険金の受取りまでの為替リスクを回避することができる。

    [解答解説] ×
    円換算支払特約は、円で受け取るための特約であり、為替予約ではないため、為替リスクは負うことになる。

[解答] 3
[補足]

解答解説