2級FP 2016年1月 問題30

問題 30
金融商品取引法に規定されている行為規制(販売・勧誘ルール)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 金融商品取引業者等が、顧客に対して「償還時には必ず円安になる」と告げて外貨建て商品の勧誘を行った場合、結果として償還時に円安となり、当該顧客が利益を得ることになれば、金融商品取引法上の断定的判断の提供に該当しない。

    [解答解説] ×
    結果として勧誘した通りになったとしても断定的判断の提供となる。

  2. 顧客から損失補てんを申し込まれ、それに従って損失補てんが行われた場合、損失補てんを行った金融商品取引業者等には刑事罰が科され得るが、当該顧客には刑事罰が科されることはない。

    [解答解説] ×
    損失補てんは、金融商品取引業者等だけでなく、顧客や介入した第三者による行為も禁止されている。

  3. 金融商品取引業者等が法人顧客に対して金融商品の販売等を行う場合には、当該顧客が特定投資家か否かにかかわらず、適合性の原則は適用されない。

    [解答解説] ×
    金融商品取引法において、顧客は特定投資家か一般投資家に分かれている。法人か個人は関係なく、特定投資家でなければ適合性の原則が適用される。

  4. 金融商品取引業者等が、顧客(特定投資家を除く)と金融商品取引契約を締結しようとする場合、当該顧客が「十分な投資経験があるので、書面の交付は不要である」旨を申し出たときであっても、その申出をもって、契約締結前交付書面の交付義務は免除されない。

    [解答解説] ◯
    適切。契約締結前交付書面を交付する必要がある。

[解答] 4
[補足]

解答解説