2級FP 2016年1月 問題32

問題 32
所得税における不動産所得の金額の計算上、総収入金額に算入される金額として、最も不適切なもの
はどれか。

  1. 建物の貸付けにより受け取る権利金(返還を要しないもの)

    [解答解説] ◯
    適切。保証金などで返還をする予定のあるものは含めない。

  2. 建物の貸付けにより受け取る賃貸料

    [解答解説] ◯
    賃貸収入は不動産所得の代表的な所得である。

  3. 建物の賃貸借契約を仲介する際に受け取る仲介手数料

    [解答解説] ×
    賃貸仲介手数料は事業所得となる。

  4. 建物の賃貸借契約を更新する際に貸主が受け取る更新料

    [解答解説] ◯
    更新料も収入金額に算入する。

[解答] 3
[補足]

解答解説