2級FP 2016年1月 問題33

問題 33
Aさんの平成27年分の各種所得の金額が下記のとおりであった場合の総所得金額として、最も適切
なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するも
のとする。

給与所得の金額 690万円
雑所得の金額 ▲40万円
退職所得の金額 120万円
不動産所得の金額 ▲50万円(土地等の取得に要した負債の利子の金額はない)

  1. 600万円

    [解答解説] ×

  2. 640万円

    [解答解説] ◯

  3. 760万円

    [解答解説] ×

  4. 770万円

    [解答解説] ×

[解答] 2
[補足]
1 損益通算できるのは、不・事・山・譲なので、雑所得の損失はないものとみなす。
2 不動産所得の金額には、土地等の取得に要した負債の利子の金額は含まれていないため、全額損益通算できる。また、損益通算は、経常所得グループ内(不動産所得・給与所得)で行う(第一次通算)。
よって、690万円+▲50万円=640万円
3 退職所得は分離課税なので、総所得金額に含めない。
よって、640万円となる。

解答解説