2級FP 2016年1月 問題47

問題 47
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 建物のうち、構造上の独立性と利用上の独立性を備えた部分であっても、規約によって共用部分とすることができる。

    [解答解説] ◯
    共用には、法定共用と規約共用があり、規約で共用部分とすることができる。

  2. 共用部分に対する各区分所有者の共有持分は、原則として、その有する戸数の総戸数に占める割合となる。

    [解答解説] ×
    戸数ではなく、専有部分の面積の割合によって決まる。

  3. 専有部分の占有者は、区分所有者が規約または集会の決議に基づいて負うすべての義務と同一の義務を負う。

    [解答解説] ×
    建物、敷地、附属施設の使用方法について同一の義務を負うとされる(区分所有法第46条)

  4. 区分所有建物の建替えは、区分所有者全員の賛成による集会の決議がなければできない。

    [解答解説] ×
    区分所有建物の建替えは最も多くの賛成が必要だが、5分の4以上である。

[解答] 1
[補足]

解答解説