2級FP 2016年1月 問題59

問題 59
下記の表の生命保険契約のうち、被相続人の死亡時に支払われる死亡保険金について、相続税における生命保険金等の非課税規定(相続税法第12条の「相続税の非課税財産」の規定)の適用がある契約の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、死亡保険金受取人はすべて被相続人の相続人であり、相続の放棄をしていないものとする。

WS000179

  1. (ア)

    [解答解説] ◯

  2. (ア)、(イ)、(ウ)

    [解答解説] ×

  3. (ア)、(ウ)、(エ)

    [解答解説] ×

  4. (ア)、(エ)

    [解答解説] ×

[解答] 1
[解説]
相続税における生命保険金等の非課税規定は、500万円×法定相続人による非課税枠のことである。資産が被相続人から相続人に渡る必要があるため、保険料負担者は被相続人でなければならない。この時点で(ア)か(エ)。
(エ)は生命保険の権利が解約返戻金相当額の相続財産として評価され、契約を相続するか、解約するかになる。解約した場合の解約返戻金は死亡保険金ではないため、非課税制度の適用外となる。
(イ)は子に一時所得として所得税、(ウ)は子に贈与税。

解答解説