2級FP 2016年5月 問題46

問題 46

都市計画区域および準都市計画区域における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 建築物の敷地が異なる2つの用途地域にわたる場合、その敷地の全部について、敷地の過半の属する用途地域の建築物の用途に関する規定が適用される。

    [解答解説] ◯
    適切である。用途地域がまたがる場合、過半の属する用途地域の用途規定が適用される。

  2. 建築物が防火地域と準防火地域にわたる場合、その建築物の全部について、過半の属する地域の建築物に関する規定が適用される。

    [解答解説] ×
    不適切である。「またがり」の問題。防火地域は厳しい方の規定が適用される。

  3. 建ぺい率80%の近隣商業地域内で、かつ防火地域内にある耐火建築物については、建ぺい率の制限が適用されない。

    [解答解説] ◯
    適切である。建ぺい率80%の近隣商業地域内で、かつ防火地域内にある耐火建築物については、建ぺい率が100%となる。よって、制限がない。

  4. 住居系用途地域内の建築物で、かつ前面道路の幅員が12m未満の場合、原則として、当該道路幅員(m)に40%を乗じた数値と都市計画で定められた容積率の数値を比較していずれか小さい数値が当該建築物の容積率の上限となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。前面道路の幅員による容積率の制限の問題である。住居系用途地域では、前面道路の幅員×4/10、それ以外では、前面道路の幅員×6/10が上限となる。都市計画で定められた容積率の数値と比較し、小さい数値が容積率となる。

[解答] 2
[補足]

解答解説