2級FP 2016年5月 問題54

問題 54

遺産分割協議に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 遺産分割協議書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヵ月以内に作成し、家庭裁判所に提出しなければならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。遺産分割協議書の作成期限はない。なお、申告の期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヵ月以内となるので、できればその時まで作成しておいた方がよい。

  2. 遺産分割協議書は、共同相続人全員の署名、実印による捺印および印鑑証明書の添付がない場合には、原則として無効となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続人全員の署名と実印による捺印(印鑑証明書)は必要だが、不備があると直ちに無効になるわけではない。

  3. 遺産分割協議書は、あらかじめ1人の相続人が遺産分割協議書の草案を用意して、他の共同相続人全員が順次これに署名・捺印する持回り方式により作成することも認められている。

    [解答解説] ◯
    適切である。持回り方式での遺産分割協議書の作成も可能である。

  4. すでに成立している遺産分割協議においては、共同相続人全員の合意があったとしても、当該遺産分割協議の全部または一部を解除することはできない。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続人全員の合意があればやり直しは可能である。なお、税務上、やり直しにより新たな課税関係が生じる可能性がある。

[解答] 3
[補足]

解答解説