問題 16
住宅建物および家財を対象とする火災保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 自宅の火災により、車庫内に停めてあった自動車が損害を被った場合は、補償の対象とならない。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    車庫内の自動車は補償対象外である。この場合は、車両保険の対象となる。なお、車庫が火災になり自動車が損害を受けた場合は対象となる。

  2. 隣家の火災のための消火活動による水濡れにより、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    隣家の火災のための消火活動による水濡れも補償対象である。

  3. ガス爆発により、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象とならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    ガス爆発による損害も対象である。

  4. 落雷により、住宅建物内にあるテレビが損害を被った場合は、補償の対象となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    落雷による家屋の損害だけでなく、家財の損害も補償の対象となる。

[解答] 3
[補足]

FP講座お試し版

解答解説

[広告]



問題15  問題17≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit