2級FP 2016年9月 問題20

問題 20
損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 店舗建物とその中に収容している商品が火災で焼失した場合に備えて、火災保険を契約した。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    店舗や商品の補償は、普通火災保険や店舗総合保険で備えることができる。

  2. 調理販売した弁当が原因で食中毒が発生した場合に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    製造・販売した商品で発生した事故は、生産物賠償責任保険(PL保険)で補償される。

  3. 従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的に、労働災害総合保険を契約した。

    [解答解説] ◯
    不適切である。
    労働災害総合保険は労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償である。

  4. 設備工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の工事中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    施設所有(管理)者賠償責任保険は、施設の所有者や管理者が、施設の欠陥や整備不備などによる事故に対する損害賠償責任を補償する保険である。

[解答] 4
[補足]

解答解説

問題19  問題21≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です