問題 23
投資信託のディスクロージャー等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 投資信託委託会社は、定期的に「交付運用報告書」を作成し、原則として、販売会社を通じて投資家に交付しなければならない。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    交付運用報告書は、運用実績や資産状況が書かれた書面で、委託会社が作成し、販売会社が交付する。

  2. 投資信託にかかる費用のうち、運用管理費用(信託報酬)や監査費用は、投資信託を保有している投資家が間接的に負担するものであり、基準価額の計算の際に控除される。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    運用管理費用や監査費用は、信託財産から日々控除される。

  3. 投資信託の販売会社は、投資信託(対象外とすることが認められている投資信託を除く)を保有している投資家に対して、分配金の受取りや一部解約等を反映した総合的な損益状況を通知しなければならない。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    選択肢1の交付運用報告書である。

  4. 投資信託の運用評価には、定性評価と定量評価があるが、投資信託の過去のリスクやリターンの実績に基づいて運用成果を評価することを定性評価という。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    「定量」は数値で評価できるもの、「定性」は数値で評価できないものである。よって、過去のリスクやリターンの実績は数値で表し評価できるので、定量評価である。

[解答] 1
[補足]

解答解説

問題22  問題24≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

※実技のうち、資産設計は日本FP協会、個人資産・生保顧客・損保顧客・中小企業はきんざいが実施する問題から使用させていただいております。

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit