問題 33
作家Aさんの平成28年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の所得税における総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。

不動産所得の金額 150万円
事業所得の金額(原稿執筆にかかるもの) ▲200万円
給与所得の金額 300万円
雑所得の金額 ▲30万円

  1. 220万円

    [解答解説] ×
    不適切である。

  2. 250万円

    [解答解説] ◯
    適切である。

  3. 300万円

    [解答解説] ×
    不適切である。

  4. 450万円

    [解答解説] ×
    不適切である。

[解答] 2
[解説]
事業所得の損失は、損益通算することができるが、雑所得の損失は、損益通算できない。
よって、150万円-200万円+300万円=250万円・・・総所得金額

解答解説

問題32  問題34≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

※実技のうち、資産設計は日本FP協会、個人資産・生保顧客・損保顧客・中小企業はきんざいが実施する問題から使用させていただいております。

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit