2級FP 2016年9月 問題46

問題 46
農地法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 市街化区域内の農地を農地として売買する場合には、原則として、農業委員会の許可が必要である。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    農地を農地として売買するので、権利の移動である。権利の移動は、(市街化区域内かどうかにかかわらず)、原則、農業委員会の許可が必要となる。

  2. 市街化区域内の農地を宅地に転用する場合には、あらかじめ農業委員会へ届け出れば、都道府県知事等の許可は不要である。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    転用では、市街化区域内での特例があり、事前に農業委員会に届け出れば、都道府県知事等の許可は不要となる。

  3. 市街化区域内の農地を宅地への転用目的で売買する場合には、あらかじめ農業委員会に届け出たとしても、原則として、都道府県知事等の許可が必要である。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    転用目的での権利の移動では、転用と同じく、市街化区域内での特例があり、事前に農業委員会に届け出れば、都道府県知事等の許可は不要となる。

  4. 市街化区域内の農地に耕作のための賃借権を設定する場合には、原則として、農業委員会の許可が必要である。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    賃借権設定をする場合、市街化区域内かどうかを問わず、農業委員会の許可が必要となる。

[解答] 3
[補足]

解答解説