2級FP 2016年9月 問題52

問題 52
下記生命保険契約A~Cにおいて、被保険者である父の死亡により、子が受け取った死亡保険金(一時金)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

201000044

  1. 生命保険契約Aに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    保険料(保険金)が父から子に移っており、父が亡くなっているので、相続税の課税対象となる。

  2. 生命保険契約Bに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    子が保険料(保険金)を自分で受け取っているので、所得税の課税対象となる。

  3. 生命保険契約Cに基づき子が受け取った死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    保険料(保険金)が母から子に移っているが、母は亡くなっていないので、贈与税の課税対象となる。

  4. 生命保険契約A、BおよびCに基づき子が受け取った死亡保険金は、いずれも贈与税の課税対象とならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    Cのみ贈与税の課税対象となる。

[解答] 3
[補足]

解答解説