2級FP 2016年9月 問題54

問題 54
法定相続人および法定相続分に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の4分の1となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分と同じである。

  2. 被相続人の嫡出でない子の相続分は、嫡出子の相続分の2分の1となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    非嫡出子と嫡出子の相続分は同じである。

  3. 被相続人の子Aさんが相続の放棄をした場合、Aさんの子Bさんが代襲して相続人となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    相続放棄をすると、その子は代襲相続人になることはできない。

  4. 被相続人の弟Cさんが被相続人の推定相続人であった場合、Cさんが被相続人の相続開始以前に死亡したときには、Cさんの子Dさんが代襲して相続人となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    すでに死亡していた場合、その子は代襲相続人になれる。

[解答] 4
[補足]

解答解説