問題 54
法定相続人および法定相続分に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の4分の1となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分と同じである。

  2. 被相続人の嫡出でない子の相続分は、嫡出子の相続分の2分の1となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    非嫡出子と嫡出子の相続分は同じである。

  3. 被相続人の子Aさんが相続の放棄をした場合、Aさんの子Bさんが代襲して相続人となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    相続放棄をすると、その子は代襲相続人になることはできない。

  4. 被相続人の弟Cさんが被相続人の推定相続人であった場合、Cさんが被相続人の相続開始以前に死亡したときには、Cさんの子Dさんが代襲して相続人となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    すでに死亡していた場合、その子は代襲相続人になれる。

[解答] 4
[補足]

解答解説

問題53  問題55≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

※実技のうち、資産設計は日本FP協会、個人資産・生保顧客・損保顧客・中小企業はきんざいが実施する問題から使用させていただいております。

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit