2級FP 2016年9月 問題57

問題 57
宅地および宅地の上に存する権利(定期借地権等を除く)の相続税評価額に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、評価の対象となる宅地は、借地権の取引慣行のある地域にあるものとする。

  1. アスファルト舗装した青空貸駐車場の用に供している土地の価額は、貸宅地としての価額により評価する。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    土地の本来の使用方法は、土地の上に建物を建てることであり、自動車を保管するための場所(駐車場)としての契約は、土地に及ぶものではない。つまり、駐車場と土地は無関係なので、土地は自用地(のまま)となる。

  2. 借地権の価額は、「自用地評価額×借地権割合」の算式により計算した金額により評価する。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    土地の所有者Aさん(借地権設定者)から借りた土地の上に、Bさんが自分の建物を建てる場合のBさん(借地権者)の権利が借地権である。一方、Aさんの土地に対する評価は、「自用地評価額×(1-借地権割合)」(貸宅地)である。土地が1億円で、借地権割合が70%の場合、Bさんの評価分が7000万円、Aさんの評価分が3000万円である。Aさんは土地を貸すことで、1億円の価値の土地を3000万円に評価減することができる。

  3. 貸宅地の価額は、「自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    貸宅地は、選択肢2の解説にあるBさんの評価である。「自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」は、貸家建付地の評価である。これは、Aさんが自分で建物を建て、貸している場合となる。

  4. 貸家建付借地権の価額は、「(自用地評価額×借地権割合)-(自用地評価額×借家権割合×賃貸割合)」の算式により計算した金額により評価する。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    貸家建付借地権の価額は、「自用地評価額×借地権割合✕(1-借家権割合×賃貸割合)」の算式である。選択肢に合わせると、「(自用地評価額×借地権割合)-(自用地評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」となる。

[解答] 2
[補足]

解答解説