2級FP 2016年9月 問題59

問題 59
遺産の分割に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 遺言による相続分の指定がない場合、法定相続分に従って、遺産の分割をしなければならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    遺言による相続分の指定がない場合、相続人の合意で分割することができる。

  2. 被相続人の財産の維持や増加について特別の寄与をした相続人について認められる寄与分の額は、原則として共同相続人の協議によって定めるが、協議が調わないときは、寄与をした者の請求により家庭裁判所が寄与分を定める。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    共同相続人の協議によっても決まらない場合、請求により家庭裁判所が寄与分を定める。

  3. 代償分割において、共同相続人のうち、特定の者が被相続人の相続財産を取得し、その者が他の相続人や受贈者に代償として交付する資産は、その者の固有財産のうち現金に限られる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    現金以外でも可能である。現金による交付が多いが、不動産なども交付することができる。ただ、不動産の場合、所得税の課税対象となる。

  4. 換価分割において、共同相続人が相続によって取得した財産の全部または一部を換価し、その換価代金を分割した場合、各相続人が取得した換価代金は、所得税において非課税所得とされている。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    換価分割により得た現金を、相続人に交付すると所得税の課税対象となる。

[解答] 2
[補足]

解答解説