3級FP 2017年1月 (11)

(11)
一般に、流通市場で取引されている固定利付債券では、市中金利の上昇に伴い、債券価格が上昇する。

[解答] ×
[解説]
すでに発行されている固定利付債券の金利は変わらない。市中金利が上昇すれば、新たに発行される債券の魅力が上がるため、すでに発行されている債券の価格は下落する。債券の価格と金利の値動きは逆である。

解答解説