3級FP 2017年1月 (31)

(31)
一定の利率で複利運用しながら一定期間経過後に目標とする額を得るために必要な毎年の積立額を試算する場合、目標とする額に乗じる係数は、(  )である。
1) 終価係数
2) 減債基金係数
3) 年金現価係数

[解答] 2
[解説]
一定の利率で複利運用しながら一定期間経過後に目標とする額を得るために必要な毎年の積立額を求めるには、減債基金係数を使う。

解答解説