3級FP 2017年1月 (37)

(37)
個人年金保険の年金の種類のうち、年金支払期間中に被保険者が生存している場合に限り、契約で定めた一定期間、年金が支払われるものは、(  )である。

1) 有期年金
2) 確定年金
3) 生存年金

[解答] 1
[解説]
一定期間、生きている限り受け取れるのは有期年金である。確定年金は、一定期間、生死にかからわず受け取れる。生存年金は、終身年金のことで、生きている限り受け取れる(期間の限定はない)。

解答解説