3級FP 2015年9月 (24)

(24)

建築基準法では、建築物の敷地が2つの異なる用途地域にまたがる場合、原則として、その建築物またはその敷地の全部について敷地の過半の属する地域の建築物に関する規定が適用される。

[解答] ◯
[補足]

解答解説