(59)

相続税の計算において、生命保険金の非課税限度額は、「( ① )×法定相続人の数」の算式により算出するが、相続人に相続の放棄をした者がいた場合、当該法定相続人の数は、( ② )ものとしたときの相続人の数とされる。

1) ① 500万円 ② その放棄がなかった
2) ① 500万円 ② 初めから相続人とならなかった
3) ① 600万円 ② 初めから相続人とならなかった

[解答] 3
[補足]

解答解説

≪(58)  (60)≫

2015年9月 3級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit