3級FP解答解説2016年9月(1)

(1)
弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、将来の財産管理について相談を受けた顧客本人の求めに応じ、その顧客の任意後見受任者となることは、弁護士法に抵触する。

[解答] ×
[解説]
任意後見人は弁護士資格のないファイナンシャルプランナーでもなることができる。

解答解説