3級FP解答解説2016年9月(7)

(7)
払済保険は、現在契約している生命保険の以後の保険料の払込みを中止し、その時点での解約返戻金相当額をもとに、元の契約の保険期間を変えずに、元の主契約と同じ種類の保険(または養老保険等)に切り替えるものをいう。

[解答] ◯
[解説]
払済保険は、保険期間は変えずに、保障金額を削減するものである。なお、延長(定期)保険は、保険金額を変えず、保険期間を短くする。「延長なのに期間が短くなる?逆っ!」とツッコミながら覚える。

解答解説