3級FP解答解説2016年9月(41)

当サイト掲載の過去問は、金融財政事情研究会と日本FP協会の発表を基にしております。

金融財政事情研究会≫  日本FP協会≫

当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】

【お知らせ】2018年3月から、これまで更新できていなかった、2017年9月、2018年1月の解答解説を作成しています。現在は空白ページを設置する準備段階です。

(41)
追加型株式投資信託を基準価額1万200円で1口購入した後、最初の決算時に400円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万100円となった場合、その収益分配金のうち、( ① )が普通分配金として課税対象となり、( ② )が非課税扱いの元本払戻金(特別分配金)となる。なお、手数料等については考慮しないものとする。

1) ① 100円 ② 300円
2) ① 200円 ② 200円
3) ① 300円 ② 100円

[解答] 3
[解説]
基準価額の一部を分配金として支払われた場合は特別分配金として非課税となる。
1万200円の基準価額が400円の分配後、1万100円となっているので、100円は特別分配金である。
400円-100円=300円 部分は普通分配金として課税対象となる。

解答解説

≪(40)  (42)≫

2016年9月 3級FP解答解説一覧

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】
金融財政事情研究会 ≫
日本FP協会 ≫

ファイナンシャル・プランニング技能検定
解答・解説

1級FP解答解説
2級FP解答解説
3級FP解答解説
おすすめFP教材
おすすめFP講座
FP求人
WEBテキスト
FPリンク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です