3級FP解答解説2016年9月(41)




(41)
追加型株式投資信託を基準価額1万200円で1口購入した後、最初の決算時に400円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万100円となった場合、その収益分配金のうち、( ① )が普通分配金として課税対象となり、( ② )が非課税扱いの元本払戻金(特別分配金)となる。なお、手数料等については考慮しないものとする。

1) ① 100円 ② 300円
2) ① 200円 ② 200円
3) ① 300円 ② 100円

[解答] 3
[解説]
基準価額の一部を分配金として支払われた場合は特別分配金として非課税となる。
1万200円の基準価額が400円の分配後、1万100円となっているので、100円は特別分配金である。
400円-100円=300円 部分は普通分配金として課税対象となる。

解答解説

≪(40)  (42)≫

2016年9月 3級FP解答解説一覧

スポンサードリンク




FP試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会 ≫
日本FP協会 ≫