3級FP解答解説2016年9月(44)




当サイト掲載の過去問は、金融財政事情研究会と日本FP協会の発表を基にしております。

金融財政事情研究会≫  日本FP協会≫

(44)
オプション取引において、将来の一定期日または一定期間内に、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で買う権利のことを( ① )・オプションといい、オプションの買い手は、原資産の市場価格が特定の価格(権利行使価格)よりも値下がりした場合、その権利を( ② )。

1) ① コール ② 放棄することができる
2) ① コール ② 放棄することができない
3) ① プット ② 放棄することができる

[解答] 1
[解説]
買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといい、コール・オプションでは、権利を放棄することもできる。

解答解説

≪(43)  (45)≫

2016年9月 3級FP解答解説一覧

勉強の息抜きに



スポンサードリンク




FP試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会 ≫
日本FP協会 ≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です