3級FP解答解説2016年9月(45)

当サイト掲載の過去問は、金融財政事情研究会と日本FP協会の発表を基にしております。

金融財政事情研究会≫  日本FP協会≫

当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】

【お知らせ】2018年3月から、これまで更新できていなかった、2017年9月、2018年1月の解答解説を作成しています。現在は空白ページを設置する準備段階です。

(45)
異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が(  )である場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの軽減)は最大となる。

1) -1
2) 0
3) 1

[解答] 1
[解説]
分散投資の効果が最大となるのは、2資産間の相関係数が-1のときである。相関係数が0のときは無関係、1のときは同じ動きをする。

解答解説

≪(44)  (46)≫

2016年9月 3級FP解答解説一覧

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】
金融財政事情研究会 ≫
日本FP協会 ≫

ファイナンシャル・プランニング技能検定
解答・解説

1級FP解答解説
2級FP解答解説
3級FP解答解説
おすすめFP教材
おすすめFP講座
FP求人
WEBテキスト
FPリンク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です