3級FP解答解説2016年9月(49)

(49)
所得税において、(  )の金額(株式等に係るものを除く)の計算上生じた損失の金額は、他の所得の金額と損益通算することができる。

1) 雑所得
2) 事業所得
3) 一時所得

[解答] 2
[解説]
選択肢のうち、損益通算できるのは事業所得の損失である。不動産・事業・山林・譲渡所得の損失は損益通算することができる。

解答解説