3級FP解答解説2016年9月(59)

(59)
「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けた場合、配偶者の取得する財産の価額が、相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分相当額、あるいは(  )までのいずれか多い金額までであれば、原則として、配偶者の納付すべき相続税額はないものとされる。

1) 1億2,000万円
2) 1億6,000万円
3) 1億8,000万円

[解答] 2
[解説]
「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受ければ、配偶者の法定相続分相当額か1億6,000万円までのいずれか多い金額まで非課税となります。

解答解説