(生保顧客)2級FP 2014年1月 問3

問 3
WS000177
Mさんの,Aさんに対するアドバイスに関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「Aさんには,報酬比例部分相当の特別支給の老齢厚生年金は支給されず,原則として65歳から老齢基礎年金および老齢厚生年金が支給されることになります」
② 「Aさんは,将来の年金額を増やすために国民年金基金に加入することができます。当該基金の掛金の上限は,原則として月額6万8,000円であり,その全額が社会保険料控除として所得控除の対象となります」
③ 「Aさんが原則として65歳から受給することができる老齢厚生年金は,Aさんの個人事業主としての収入が一定額を超えた場合,収入との間で調整が行われ,年金額の一部または全部が支給停止となります」

[解答] ① × ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説