問 14
Aさんからの贈与に関し,長男Cさんが相続時精算課税制度(以下,「本制度」という)を選択した場合の適用要件等に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~ヌのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。
平成26年12月31日以前の贈与について,本制度の適用を受けるためには,原則として,贈与を受けた年の1月1日において( ① )以上の父母から,贈与者の直系卑属である20歳以上の推定相続人(代襲相続人を含む)への贈与でなければならない。
本制度を選択する受贈者は,原則として,その選択する最初の贈与を受けた( ② )に,贈与税の申告書にその旨の届出書等を添付して,納税地の所轄税務署長に提出する必要がある。
その後,本制度に係る贈与者に相続が発生した場合,本制度を選択した受贈者は,それまでに贈与を受けた本制度の適用財産の価額と相続や遺贈により取得した財産の価額を合算して計算した相続税額から,すでに納付した本制度に係る贈与税額を控除して相続税額を計算することになる。なお,相続や遺贈により取得した財産と合算する本制度の適用を受けた贈与財産の価額は,( ③ )価額とされる。

〈語句群〉
イ.55歳 ロ.60歳 ハ.65歳 ニ.日の翌日まで ホ.日から2カ月以内
へ.年の翌年1月15日から3月31日まで ト.年の翌年2月1日から3月15日まで
チ.贈与時の リ.相続時の ヌ.贈与時または相続時のいずれか低い

[解答] ① ハ ② ト ③ チ
[補足]

解答解説

≪問13  問15≫

2014年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit