(生保顧客)2級FP 2014年5月 問9

問 9
WS000171
長男Bさんは,Aさんから事業を引き継いだ場合に備えて,契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人をX社,被保険者を長男Bさんとする生命保険への加入を検討している。Mさんが,長男Bさんに対してアドバイスした次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「Bさんが亡くなったときなどに備えて終身保険(特約付加なし)に加入した場合,X社が支払う保険料は,全額を資産に計上することになります」
② 「Bさんの死亡退職金や役員退任時の役員退職金の支払に備えて長期平準定期保険(特約付加なし)に加入した後,契約途中で保険料の払込みが困難となり,払済終身保険に変更した場合,X社では特段の経理処理は必要ありません」
③ 「X社が申込者(契約者)となり生命保険契約を締結する場合,クーリング・オフ制度による申込みの撤回等はできなくなりますので,ご注意ください」

[解答] ① ◯ ② × ③ ◯
[補足]

解答解説