問 13
WS000175
Aさんは,Dさんを養子(普通養子)とした場合,および提案を受けた生命保険に加入した場合の効果を検証するため,下記の「ケースⅠ~Ⅲ」で納付すべき相続税額の総額を比較してみた。下記の<条件>を基に,表の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお,相続開始日を平成26年5月25日と仮定して検証すること。問題の性質上,明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

<条件>
・ケースⅠは,現状のまま相続が発生した場合。
・ケースⅡは,Dさんを養子(普通養子)とした場合。
・ケースⅢは,Dさんを養子(普通養子)とし,かつ,提案を受けた生命保険に加入した場合。
・各人が法定相続分どおりに相続財産を取得したものとする。
・税額控除については,「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定のみの適用を受けるものとする。
WS000176

[解答] ① 23,000(万円) ② 8,000(万円) ③ 950(万円) ④ 1,500(万円)
[補足]

解答解説

≪問12  問14≫

2014年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit