問 14
《問13》の検証結果等に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

「ケースⅠ~Ⅲ」では,「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けたものと仮定している。この規定は,原則として,相続税の申告期限までに遺産分割が行われ,配偶者が取得する財産が確定し,相続税の申告書を提出すること等により,相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分(この額が( ① )に満たないときは( ① ))までの配偶者の相続財産の取得に対しては,相続税が課されないというものである。仮に,相続税の申告期限までに遺産分割ができなかった場合であっても,申告期限後( ② )以内に遺産分割が行われた場合は,所定の手続により,この規定の適用を受けることができる。
なお,相続税の申告書を提出しなければならない者は,原則として,相続の開始があったことを知った日の翌日から( ③ )以内に申告書を提出しなければならない。

〈語句群〉
イ.1億2,000万円 ロ.1億6,000万円 ハ.1億8,000万円 ニ.1年
ホ.3年 へ.5年 ト.3カ月 チ.4カ月 リ.10カ月

[解答] ① ロ ② ホ ③ リ
[補足]

解答解説

≪問13  問15≫

2014年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit