(生保顧客)2級FP 2014年9月 問11

問 11
WS000163
Aさんの平成26年分の所得税額の計算に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 妻Bさんは,Aさんと生計を一にしており,かつ,合計所得金額が38万円を超えていないため,Aさんの控除対象配偶者となる。
② 長男Cさんは,Aさんと生計を一にしており,かつ,大学院生であるため,Aさんの特定扶養親族に該当する。
③ Aさんが受け取った一時払変額個人年金保険の解約返戻金額は,保険期間10年以内の解約によるものであるため,その保険差益の額は源泉分離課税の対象となる。

[解答] ① ◯ ② × ③ ×
[補足]

解答解説