問 13
WS000165
遺言に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。
民法上,厳格な方式が定められている普通方式遺言のうち,Aさんが作成していた公正証書遺言は,証人( ① )以上の立会いのもと,遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授して作成する遺言である。公正証書遺言は,( ② )に遺言書の原本が保管されているため,紛失や改ざん等のおそれがない遺言である。
なお,遺言により遺留分が侵害された場合,遺留分権利者は,遺留分の減殺請求権を行使することができるが,民法によれば,その請求権は,遺留分権利者が相続の開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から( ③ )間行使しないときは,時効によって消滅するとされている。
〈語句群〉
イ.1人 ロ.2人 ハ.3人 ニ.家庭裁判所 ホ.簡易裁判所
へ.公証役場 ト.1年 チ.2年 リ.3年

[解答] ① ロ ② ヘ ③ ト
[補足]

解答解説

≪問12  問14≫

2014年9月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit