問 8
Aさんが提案を受けている生命保険に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 当該生命保険契約を中途解約した場合にX社が受け取る解約返戻金は,Aさんに支給する役員退職金の原資として活用することができるほか,X社の借入金の返済や設備投資の資金に充当することも可能である。
② 当該生命保険契約の死亡保険金受取人をX社ではなくAさんの遺族とした場合,X社が支払う保険料は,その全額を福利厚生費としてX社の損金の額に算入することができる。
③ 当該生命保険契約を契約期間の途中で払済保険に変更する場合,X社では,変更時点における解約返戻金相当額とそれまでに支払った保険料の総額との差額をX社の当該事業年度の益金の額または損金の額に算入することになる。

[解答] ① ◯ ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説

≪問7  問9≫

2015年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit