(生保顧客)2級FP 2015年1月 問14

問 14
WS000153
Aさんの相続に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① Aさんが残した自筆証書遺言は,遺言者であるAさんが,その全文,日付および氏名を自書・押印して作成する遺言書であり,その作成にあたっては,証人2人以上の立会いが必要となる。
② Aさんが残した自筆証書遺言を妻Bさんが保管していた場合,妻Bさんは,Aさんの相続開始後,遅滞なく家庭裁判所に当該遺言書を提出して,その検認を請求しなければならない。
③ 仮に,妻BさんがAさんの財産のすべてを相続する場合,弟Cさんおよび妹Dさんの遺留分を侵害することになるため,妻Bさんは,遺留分の減殺請求権を行使される可能性がある。

[解答] ① × ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説

≪問13  問15≫

2015年1月 2級FP解答解説一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です