(生保顧客)2級FP 2015年5月 問9

問 9
WS000083
長男Bさんは,契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人をX社,被保険者を長男Bさんとする生命保険への加入を検討している。Mさんが,長男Bさんに対してアドバイスした次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

① 「Bさんの役員退任時の退職金の支払に備えて終身保険に加入し,Bさんの退任時に,契約者をBさん,死亡保険金受取人をBさんの配偶者に名義変更することで,当該生命保険契約を退職金の一部として現物支給することができます」
② 「Bさんの死亡退職金や役員退任時の退職金の支払に備えて長期平準定期保険に加入した後,当該生命保険を払済終身保険に変更した場合,変更時点における資産計上額と解約返戻金相当額との差額を雑収入もしくは雑損失として経理処理することになります」
③ 「Bさんが亡くなった場合のX社の事業保障資金の確保に備えて保険期間10年の定期保険に加入し,保険料を全期前納した場合,その保険料は,支払った年度において,全額がX社の損金の額に算入することになります」

  1. [解答解説] ◯

  2. [解答解説] ◯

  3. [解答解説] ×

[解答] ① ◯ ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説